今治幼稚園でのにこにこな様子を発信中
http://imabariyouchien.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

今治幼稚園

Author:今治幼稚園
今治幼稚園では110年間育んできた心の教育と命の大切さを伝え、幼児期に育つ意欲と情操教育、または国際人としてのコミュニケーション能力を培います。
平成27年より認定こども園へ移行し、ますます地域に根ざした教育・保育を行っています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

2014.01.30/ 12:44(Thu)
今治幼稚園では入園前のお子さんを対象とした園庭解放(ひよこクラブ)を定期的に開催しております。
その中で色々な行事や活動に参加して幼稚園に慣れていただいています。

今日は、2週間前に自分たちで種まきをして育ててきた「カイワレ大根」と「ブロッコリーの芽」を収穫して食べました。
種まきの時は小さくて、つまむの難しかった種
_IMG_4472.jpg
毎日水やりをしながら成長を見守りました
_IMG_4486.jpg
「早く大きくな~れ~」
_IMG_4475.jpg
成長を毎日毎日楽しみにしていました

2週間立つとしっかり「カイワレ大根」と「ブロッコリーの芽」に育っています。
_IMG_5265.jpg

副園長先生から「小さな芽だけど、一つ一つの小さな命だから、大切に収穫して、残さず食べましょうね」とお話を聞きながら一つ一つ丁寧に収穫していきます。

それを海苔巻にして「ガブ」
_IMG_5281.jpg
小さい子には苦手な野菜も自分で育てて、自分で収穫した物は別な様子
_IMG_5279.jpg
食欲旺盛で「もっともっと~」美味しく食べていました。

ひよこ組さんも自分たちの名前を付けたカイワレ大根やブロッコリーの芽を頂きました。
_IMG_5331.jpg
苦手な野菜を食べられたことが自身になったのか、最後にはご飯がなくてもモリモリ食べられるようになりました
_IMG_5334.jpg

食べ物の大切さや命の尊さなど、園児のいい経験、いい勉強になりました。
またやろうね。 
編集[管理者用]
2013.11.26/ 21:31(Tue)
「自分たちで育てた物は自分たちで食す」
という地産地消の考え通り、天候不順や鳥害にも負けず、ひよこ組さんたちがベランダで育てた小松菜と二十日大根が大きく育ち、今日収穫することができました。

青々と育った野菜たちにひよこさんも大喜び
1385462092367.jpg

「根っこをしっかり持って抜いてね」という先生の言葉をしっかり守って・・・えい!!
1385462106438.jpg
「抜けた~~~」と大喜び。
この表情。自分たちで育てた野菜に愛情を感じているようです。

それぞれに収穫してハイチーズ
1385462087412.jpg
大収穫に満足の笑です。

さあ、これをみんなで食べましょう。
1385462104104.jpg
綺麗に洗って、キッチンへ。
料理をする先生のお手伝い、さあどんな料理になるのかな?
二十日大根はえぐみがあるので塩もみで、小松菜は炒め物でいただきます。
途中お味見(つまみぐい??)をしながら見守ります。

「いっただきま~す」
20131126212240.jpg

「美味しい~もっと食べる~」
1385462071604.jpg

二十日大根や小松菜など園児にとってあまり人気のある野菜ではありません。
しかし、自分たちで育てて自分たちで収穫したお野菜は別
みんなしっかりいただきました。

そして「美味しそう」っと言っていた年中さんにもおすそ分け
1385462077823.jpg
いつもは何かしてもらうことが多いひよこ組さんですが、おすそ分けできたことが誇らしげです。

そして小さな葉っぱはニワトリさんにおすそ分け
1385462081483.jpg
美味しそうに食べてくれるニワトリさんより、あげているひよこさんの方が嬉しそうです。

野菜を育てて食すことで、命の大切さを感じるだけでなく、野菜嫌いもなくなるし、自信にもつながったようです。
さあ、次は何を育てようか? 
編集[管理者用]
2013.11.11/ 21:26(Mon)
現在、各学年とも先日園外保育で拾った秋の物を使ったクリスマスリース作りをしています。
各クラスの制作現場をちょっとだけご紹介します。
まずはひよこ組(3歳児)さんから。
ひよこ組さんは「クリスマスリース」の勉強から。
先生「クリスマスリースって知ってる?」
園児「知ってる~。」
先生「じゃ~、自分たちで作って飾ろうね。」
園児「なんで~?」
先生「・・・(わかってるんじゃないの?)」

な~んて会話の後、クリスマスリースの意味等を先生から聞きます。
さぁ、早速制作開始。
_IMG_1211.jpg
とりのこ用紙に自分の手形を付けたものをリースの形にした物を土台にします。
それに先日拾ったどんぐりや松ぼっくり、リボンや木の実をボンドでくっつけています。
自分たちが選んだ物に先生がボンドをくっつけています。
それを土台の好きな部分に張り付けるのでが、ひよこ組さんにはこれも一苦労。
ボンドの部分を触らないように下に向けて付ける。
_IMG_1268.jpg
初めは苦労していた園児たちもすぐに慣れて制作に集中していきます。
色や配置に個性が出ます。
_IMG_1198.jpg
少しずつ自分だけのクリスマスリースが出来上がることにみんなわくわくしています。
完成まであと少し。
日曜日の幼稚園祭りで披露します。 
編集[管理者用]
2013.11.08/ 19:04(Fri)
この数日、暖かな日が続いています。
他の学年の園外保育に行く様子をうらやましそうに見ていたひよこ組(3歳児)もとうとう園外保育に行く日が来ました。
朝早くに起きて楽しみにしていた子もいたようで、朝からみんなテンション高めです。
まず、唐子浜で松ぼっくりを拾います。
_IMG_0802.jpg

あまり人が来ない場所なのかきれいな松ぼっくりがたくさん拾えました。
_IMG_0795.jpg

松ぼっくりを拾いながら海へ。
今度は貝殻拾い。
きれいな貝殻がたくさんあって大喜びでパチリ
_IMG_0815.jpg

浜辺ではいろんなものが落ちていて、子どもたちの興味をそそります。
_IMG_0846.jpg

誰がいちばん遠くへ投げられるかな?
_IMG_0869.jpg
みんなで競争です。
今日は本当に天気が良くて、波も穏やか。
絵になるな~~。
_IMG_0852.jpg

他にもススキやネコジャラシをいっぱい取って公園へ移動してお弁当です。
_IMG_0908.jpg

お母さんの愛情いっぱいのお弁当美味しそう!!!
__IMG_0915.jpg

いっぱい動いたからかな?いつもより食欲旺盛です。
_IMG_0921.jpg


その後は公園の様々なものを体験
どんぐりを拾ったり
_IMG_0952.jpg

消防車と
_IMG_0945.jpg

電車と
_IMG_0989.jpg

管理人さんのご厚意でゴーカートにも乗せていただきました。
_IMG_1020.jpg
たくさん拾って、いっぱい遊んで、いっぱい笑って、忘れられない一日となりました。
また、みんなで行こうね。
 
編集[管理者用]
2013.10.31/ 13:32(Thu)
行事がたくさんあった10月も今日でおしまい。
ひよこ組さんは先日行った動物園の絵を描きました。
やはり子どもたちには最後に見た大きなヘビが印象深かった様子で、紙いっぱいにヘビの絵を描きました。
_IMG_6858.jpg

先生からは「これを書きましょう」等の支持は一切しません。
「どんなどうぶつがいたかな?」
「お顔はどこにあった?」
「からだはどうだった?」
と言葉かけを行います。
すると園児は「大きかった」「お鼻が長かった」「お昼寝してた」と自分の感覚を思い出してそれを描きます。
_IMG_6866.jpg

大人だとどうしても「こういうものだ」という概念を持ってしまって想像を膨らませることが難しいのですが、そこは子ども。
どんどん自分の世界を作り上げていきます。
_IMG_6875.jpg
たくさんの個性豊かな子どもたちだけの動物園が出来ました。

幼児期には一人一人に向き合って、その子の個性と成長を見守ることが大切だと感じさせられました。
こういったことにこれからも力を入れていこうと思っています。 
編集[管理者用]
 
Copyright © 2018 にこにこ日記, all rights reserved.