FC2ブログ
今治幼稚園でのにこにこな様子を発信中
http://imabariyouchien.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

今治幼稚園

Author:今治幼稚園
今治幼稚園では110年間育んできた心の教育と命の大切さを伝え、幼児期に育つ意欲と情操教育、または国際人としてのコミュニケーション能力を培います。
平成27年より認定こども園へ移行し、ますます地域に根ざした教育・保育を行っています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

2014.02.24/ 15:44(Mon)
今年度のお誕生日会も残すところ2回となりました。
今月は4人のお友達と3人の先生がお誕生日を迎えました。
IMG_9720.jpg
献花の後、全員で「お誕生日おめでとう」と祝福の言葉
園長先生からも
「寒い時期に生まれたけれど、寒さに負けずに元気に過ごしてください」
とのお祝いの言葉を頂きました。

今治幼稚園では毎月、どこかのクラスが代表して誕生会の歌と楽器を肥料します。
今月は年少さんです。
お遊戯会の練習もある中、元気な声と演奏で祝福してくれました。
IMG_9741.jpg

その後は、各クラスからの歌のお祝い
一番小さなひよこ組さんも初めて自分たちだけで歌をプレゼントしました。
IMG_9759.jpg
元気な声と愛らしい姿はやっぱりひよこ組さんが一番かな?
ひよこ組さんの頑張っている姿に負けじと年中さん、年長さんも頑張ります
IMG_9789.jpg
さすがは年長さん、立ち姿もビシッと決まってますね~。

誕生会の後は2月生まれのお母さんたちが作ってくれたカレーを頂きました。
2月生まれさん、お誕生日おめでとう。
素敵な歳になるといいですね 
編集[管理者用]
2014.02.24/ 15:17(Mon)
寒かった冬も終わりに近づいてきたのか、ここのところ暖かな日が続いています。
今治幼稚園の園児は今週末のお遊戯会に向けて練習の真っただ中。
それでも季節折々の行事はおろそかにしません。
今日は年中さんが、折り紙を使ってお雛様作りを行いました。

織り方も複雑になり、ハサミとノリも使ってのお雛様
上手に出来るかな?
まずは先生の説明をよ~~く聞いて土台を折ります。
IMG_9833.jpg
「あれ?どっち?」
「これであってる?」
「こうだよ」
お友達同士で教え合っています。
前は「先生でき~~ん」とすぐに先生に助けを求めていたのに、自分でやろうとする意欲が出てきたようです。
IMG_9810.jpg
角をそろえて、裏返して、もう一つ折って・・・
丁寧に真剣に取り組んでいます。
IMG_9828.jpg
お雛様、お内裏様の着物の柄やお顔、しゃく、烏帽子、冠・・・
先生に言われなくても、工程を守って作っていきます

IMG_9822.jpg

「いえ~~ぃ、ここまで出来たよ~~~~」
IMG_9813.jpg

世界に一つだけの自分のお雛様が出来あがって行っています。
完成間近
このお雛様たちはお遊戯会の時、各クラスで展示します。
園児の力作をぜひご覧ください。 
編集[管理者用]
2014.02.21/ 15:27(Fri)
園児が楽しみにしているお遊戯会が来週に迫ってきました。
今日はプログラム通り衣装も音響も本番さながらのリハーサルです。
自分たちの演目を他のクラスの先生やお友達に見てもらえるとあって登園したときから、園児はテンション高め
さあ、落ち着いていつも通りできるかな?
せっかくなので、いつもは見られない舞台裏をちょっとご紹介します

こちらは一番小さなひよこ組さん
IMG_9558.jpg
舞台裏で緊張している・・・と思ったらこの笑顔
余裕ですね~本番もその調子でお願いしますよ

反対に本番間近のうめ組(年少)さんはちょっと緊張気味かな?
IMG_9583.jpg
2組に分かれてダンスとオペレッタを披露します。
舞台裏でも静かに待てるようになってきました。


演目と演目の交代の際、舞台裏はこんな状態です。
IMG_9622.jpg
上に行く人、下に行く人、舞台に出る人押し合いへし合い
それでも、お客さんに聞こえないように小声で
「のいて~」「こっちよ~」「そっちもって~」
と会話しています。
先生から「本番通り」と言われたことで緊張感を持っている証拠
こういったメリハリが突き出したことでも成長を感じます。

幕が閉まっている間、舞台ではどんなことが行われているかご存知ですか?
楽器や道具の運搬、セッティングは先生だけでなく、園児も行います。
IMG_9632.jpg
「自分たちのお遊戯会だから」という責任を持ってやっています。

幕が開く前には、お互いに衣装のチェック
IMG_9665.jpg
いつもは着なれない袴での演技も一生懸命頑張っています。

こちらは音楽がかかる直前
IMG_9662.jpg
頭の中で振りの確認中かな?
カメラを向けても全く動じず、集中しています。

失敗したところは、本番は間違わないように
上手くいったところは、さらに上手にできるように
残り一週間、頑張って練習していこうね。 
編集[管理者用]
2014.02.21/ 08:28(Fri)
日に日に暖かく、春の気配を感じるようになりました。
今治幼稚園の園児はますます元気いっぱい、外でも中でも元気に遊んでいます。

今治幼稚園では、小さいですが畑があり、そこで色々な野菜を育てています。
冬の間、しっかり腐葉土や有機肥料を入れ休ませていた畑
そろそろ活動開始の時期です。
年中さんが準備をしてくれました。

まずは固くなった土を掘り返して、野菜がよく育つようにふかふかの土を作ります。
_IMG_9509.jpg
小さなスコップで土を掘っては、ひっくり返す。
あららら、先日収穫し忘れた小さなジャガイモが出て来ました。
大きな石や木の破片を一つずつ取り除いていきます。

「あ?何かの幼虫がおる~~」
_IMG_9512.jpg
「せんせい、これ何のようちゅう?」
「さあ先生にもわからんね~腐葉土の中におったんやね~」
「じゃあ、みんなで育てよう~」
さあ、一体何が出てくるのか・・・楽しみなような、怖いような。

途中から土遊び、泥遊びになりましたが、いつもの砂場とは違う感触を十分楽しんだようです。

最後は小さな小さな種から育てている玉ねぎを移植したものに水をかけました。
_IMG_9514.jpg
順調に育てば、6月頃に収穫です。
年中さん、お世話よろしくね。

幼児にとっては、土いじりや野菜のお世話等も新たな刺激です。
この刺激が遊びへと発展していき、興味や関心が生まれ、意欲が育ちます。
これからもこの年代だからこそできるたくさんの経験、刺激を与えていけるよう幼稚園全体で考えていきたいと思っています。 
編集[管理者用]
2014.02.20/ 15:15(Thu)
今治幼稚園と今治小学校は1年を通して折に触れて交流を深めて来ました。
凧上げ、ハロウィン、青空ランチタイム等など・・・
その活動も今年度は今日が最後
活動に参加してくれた地域の方々を招いての感謝集会が開かれ、さくら組さんもご招待いただきました。
小学生のお兄さんから感謝の言葉
_P1000570.jpg
こちらこそたくさん、遊んでくれてありがとう。
お話したこと、鬼ごっこしたこと、ドッチビーをしたこと。
どれも大切な思い出です。
_P1000572.jpg
感謝状やお手紙も頂きました。
(園に帰ってみんなですべて読ませていただきました)

最後は今治小学校の児童や先生全員で長い長いアーチを作ってお見送りをしてくださいました。
_P1000577.jpg
小学生みんなから「また遊ぼうね」「元気でね」「ありがとう」等声をかけてもらってさくら組さんもうれしそう。
_P1000582.jpg

さくら組さんも来年からはそれぞれの小学校で幼稚園や保育園のお友達を迎える側です。
今治小学校のお兄さん、お姉さんたちがみんなにしてくれたように、楽しい思い出をいっぱい作ってあげてね。

今治小学校のみなさん、来年も新さくら組さんをお願いします。 
編集[管理者用]
2014.02.18/ 19:14(Tue)
今治幼稚園の卒園児で現在ガーナの日本大使館に勤務されている原ゆかりさんが日本に帰国されたのを機に、幼稚園に遊びに来てくださいました。
ゆかりさんにとっても久々の母校
懐かしさでいっぱいです

ちょうどお茶のおけいこ中だったので、飛び入り参加
CIMG1955.jpg
久々に触れる日本文化はいかがでしたか?

ゆかりさんは国連のUNICEFでも活動されていて、ガーナに幼稚園を作るプロジェクトのお仕事もされています。
園児や保護者に対して、「MY DREAM プロジェクト」についてわかりやすくお話をしてくれました。

ガーナの場所や国について、写真を交えながらのお話に園児も引き込まれています。
IMG_9377.jpg
ゆかりさんも園児の目線になって、アフリカやガーナのこと、風土や気候などについて楽しくお話をしてくれました。
IMG_9385.jpg

自分たちと同じぐらいのガーナの子供たちの写真や映像を見て
「あ~、歯が抜けとる~、同じや~」
「みんな髪が短いのなんで~?」
「日本語の歌歌ってる~」
と自分たちと比べて、同じところ、似ているところ、異文化を理解することが出来ました。

お話が終わっても、ゆかりお姉さんに質問の嵐
その一つ一つに丁寧にやさしく答えてくれたゆかりお姉さんに感謝です。

今治幼稚園の100年を超える長い歴史の中でたくさんの園児が学び舎を巣立って行きました。
その中にはゆかりお姉さんのように、海外で活躍している方もたくさんいます。
そんな素晴らしい卒園児にも影響を受けて、国際的な視野を広げる機会を得ることが出来ました。
CIMG1958.jpg
また、夏にも来てくれるかも???
その時を楽しみにしています。

いつの日か今の園児もたくさんの物を見て、感じて、経験して、後輩に会いに幼稚園に戻ってきてほしいと思います。

原ゆかりさんの活動はここでも詳しく紹介されています。
ぜひご覧ください。
http://mydreambridgethegap.webs.com/ 
編集[管理者用]
2014.02.07/ 08:00(Fri)
「椿神社のお祭りがある頃が一番寒い」と愛媛では言われます。
その言葉通り、先日の暖かな日が嘘のように急に寒くなって、午前中から雪が降り始めました。

昨日収穫したジャガイモをみんなで食べられるようにさくら組さんが調理をしてくれました。
まずは、土のついたジャガイモを洗っていきます。
_IMG_8768.jpg
ぬるま湯とは言え、手を真っ赤にして一つ一つ丁寧に洗っていくさくら組さん
「みんなに美味しくジャガイモを食べてほしい」と交代しながら洗っていきます。
IMG_8762.jpg
その後、大きさを揃えるために大きいものは切っていきます。
今までに何度も包丁を使ってきたので、ちゃんと左が猫の手に。
丸くて固くて不安定なジャガイモですがしっかり押さえて切れています。
_P1000500.jpg
芽の部分もしっかり取って、皮つきのまま茹でます。
味附けは塩のみ。
素材勝負です。

出来あがったジャガイモはさくら組さんが持っていきます。
_IMG_8781.jpg
「食べてください」「ありがとう」
もらった園児もうれしそう。
お弁当のおかずが増えました。

副園長先生にもおすそ分け。
_IMG_8783.jpg
採れたて、出来立てのジャガイモはホクホクしていて美味しかった~。

さくら組さんは今までにたくさんのお野菜を作ってはみんなに分けてくれました。
自分たちで植え、世話をし、収穫して、調理して、みんなで分けてしっかり食べる。
命や食べることの大切さをみんなに教えてくれました。
そんなさくら組さんからもらった最後のおすそわけ。
全部きれいに頂きました。

ありがとう。
この伝統はこれから下の園児も守っていきますね。 
編集[管理者用]
2014.02.06/ 10:40(Thu)
先日までの春を感じさせるような暖かさから一転、また冬に逆戻りしたような寒さに中、さくら組さんは秋に植えたジャガイモを収穫しました。
植えるのが遅くなってしまいまったので、卒園までに収穫できるか、ジャガイモが出来ているか心配・・・。
さあ、どんなジャガイモが出来てるかな?
_IMG_8515.jpg

ちょっと小ぶりだけど、しっかりとしたじゃがいもが出来ています。
IMG_8539.jpg

さくら組さんのようにかわいいジャガイモがいっぱい出てきました。
数もなんとか今治幼稚園児全員に行きわたるぐらいあります。
IMG_8552.jpg
さくら組さんが育てた最後のお野菜。
みんなで美味しく頂きます。 
編集[管理者用]
先週の南高生に引き続き、今週は北校生6名がインターンシップ(職場体験)の為今治幼稚園に来てくれています。
また、お姉さんたちと遊べるとあって園児も前日から楽しみにしていました。
今回も各クラスの担当を決め、1日中入って頂くことにしています。
自分たちのクラスのお姉さんがどんな人なのか、最初は様子をうかがっていた園児。
笑顔で話しかけてくれるお姉さんとすぐに仲良くなりました。
IMG_8481.jpg

椅子取りゲームでも本物の椅子よりお姉さんのおひざの方が競争率高いようです
IMG_8491.jpg

こちらはみんなでねんど遊び
IMG_8459.jpg
小さな子たちもすぐに慣れて楽しく遊んでもらっています。

体を使った遊びでもお姉さんにいいところをみてほしくて、「僕○○できるよ~」「私の○○見て~」とお姉さんは引っ張りだこ
IMG_8471.jpg
その一つ一つにきちんと対応してくれる優しいお姉さんばかりです。

お昼は、各クラスで仲良く頂きま~す。
IMG_8450.jpg
お姉さんの特技や高校の話を興味深そうに聞いていました。

1日、園児のお世話や掃除、レポートと大変ですが、一生懸命頑張っている姿にこちらも力をもらいました。
残り二日、いっぱいの笑顔を園児に向けてあげてくださいね。 
編集[管理者用]
2014.02.04/ 10:09(Tue)
2月3日は節分で春の始まりを意味します。
今治幼稚園では、本堂で園児の無病息災と幸福を願って節分祭が行われました。

まずは、園長先生とご一緒に般若心経を唱えます。
園児の頭には自分で作った鬼のお面
「これで鬼なんて恐くない」と意気込んでいます。
IMG_5514.jpg
毎日お勤めで心をこめて唱えているので、小さな園児もしっかりと唱えています。

IMG_5515.jpg
その後、園長先生から節分の意味や鬼についてのお話をしていただきました。
「鬼はどこにいるのかな?どんな鬼がいるのかな?」との問いに
「心の中にいる」
「わがまま言ってたら出てくる」
「泣き虫鬼がいる」「おこりんぼ鬼もいる」
と様々な声が・・・。
園児もちゃんと自分のことがわかっているようです。

そして「そんな鬼を心の中から追い出せるように、そして幸せがいっぱいくるように」と大きな声で「鬼は外、福は内~」と練習していると・・・
IMG_5517.jpg
幕の中から「うぉ~~」と恐ろしいうなり声を上げながら2匹の鬼がやってきました

園児たちは大パニック
IMG_5523.jpg
逃げる子、大人の後ろに隠れる子、先生に抱きつく子・・・様々です
やっぱり小さな子たちはこの状態
_IMG_5537.jpg
それも仕方ありません。
それほど大きくて恐い鬼だったのですから・・・。

それでも、途中からみんなで協力して、鬼にめがけて「鬼は外~」と豆を投げられるようになりました。
_IMG_8355.jpg
「昨年はお母さんにすがって怯えていたのに~」とびっくりです。

園児の迫力に負けて、鬼は逃げて行きました。
その後には福の神様が・・・
IMG_5556.jpg
笑顔で園児の前に現れて、小づちを振って健康と幸せを願ってくれました。

その後、さくら組さんの有志が節分法要に参加し、いろは踊りを奉納しました。
IMG_5702.jpg
一年間、様々な機会に奉納してきたいろは踊り
園児の体に染みついています。

園児の可愛らしい格好と素晴らしい踊りに参拝客から盛大な拍手を頂きました。

そんないろは踊りも今回が踊り収め。
着付け等を手伝ってくださっていたお母さん方も感慨深いものがあるようです。

日本古来からあるような伝統行事も昨今では行われる機会が減ってきています。
しかし、園児には日本の風土や伝統行事の意味をしっかり伝え、日本の素晴らしさを感じてほしいと願っています。 
編集[管理者用]
2014.02.01/ 12:02(Sat)
本日は不審者訓練を行いました。
詳細は防犯上ここでは詳しく書くことはできませんが、園児も先生も真剣に訓練に参加しました。
また、その後の反省会でも様々な状況に対応できるよう教職員一同、知恵を絞って対策を練りました。
今後も園児の安全を守るため、このような機会を作っていこうと考えています。
029507.jpg
 
編集[管理者用]
 
Copyright © 2014 にこにこ日記, all rights reserved.