FC2ブログ
今治幼稚園でのにこにこな様子を発信中
http://imabariyouchien.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

今治幼稚園

Author:今治幼稚園
今治幼稚園では110年間育んできた心の教育と命の大切さを伝え、幼児期に育つ意欲と情操教育、または国際人としてのコミュニケーション能力を培います。
平成27年より認定こども園へ移行し、ますます地域に根ざした教育・保育を行っています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あいにくの雨ですが、園児は室内遊びに熱中しています。
特にさくら組さんの○○屋さんのクオリティーはさすが。大人もびっくりの工夫やアイディアで様々な美味しそうな物を作ってるんですよ
先日ひまわり組さんに出前してくれたのは…

美味しそうなお寿司🍣🍣
ネタもエビ、イクラ、タマゴ、イカ…かなり豪華な盛り合わせ。
ひまわり組さんも興味津々でした。
そして今日は職員室に…

アイスクリームを届けてくれました。
バニラにチョコ、チョコミント…トッピングも様々です。
「さくら組みんなで作ったから先生たちにあげる~」とプレゼントしてくれました。
いろんな廃材や素材を作って頭にある物を形にするのは大人でもかなり難しいですよね。
園児は試行錯誤しながらも自由な発想と抜群の感性で次々に自分の世界を表現していく天才です。
こんな素敵なアイスクリームをもらって喜んでいると………
「それやっぱり返して欲しいんやけど…僕も半分ぐらい作ったから…」と来たさくら組のTくん。
そうだよね~傑作だものね~。
でも、また作って来てね(笑) 
編集[管理者用]
2017.09.25/ 15:48(Mon)

今日は9月生まれさんの誕生会です。

今育休でお休みされている先生も久々に見学に来られていました。

以前は「モジモジくんやモジモジちゃんの多い9月生まれさん」でしたが、

「ちゃんと自己紹介できるかな?」との心配をよそにしっかりと名前や年齢を言えていたことにびっくりです。

また成長を感じました。


そして先日の祖父母参観日では6名でのモアナをでしたが、今日は

さくら組さんが今日は女子全員でのパフォーマンスを披露してくれました。

思い起こせば5月から遊びの中で曲に合わせて自由に表現するだけの遊びからスタートし、衣装や振りを全員で試行錯誤しながら仕上げた創作ダンス。

さすが9名での演技は圧巻でした。


演技後、さくら組のSちゃんに

「素敵だったよ~、先生感動しちゃった」

と声をかけると恥ずかしそうに

「ありがとう。先生も素敵だったよ」と返してくれました。

・・・・私はずっと職員室でお留守番だったんですが・・・(笑)

お留守番を素敵に頑張ったってことかな?

小さなことでもほめてくれるさくら組さん。

いつも優しさをありがとう。

 
編集[管理者用]
2017.09.19/ 06:01(Tue)
台風接近で足元の悪い中、たくさんのおじいちゃんおばあちゃんが来てくださり無事祖父母参観日を終えることが出来ました。
発表会は園児の挨拶から始まり、息のあった鼓笛隊、1番小さなクラスの可愛いダンス、年少さんは初めての楽器
演技の最後にはみなさんから暖かい溢れんばかりの拍手が続きます。

自分達の手形で作った満開のひまわりが舞台を彩れば、年中さんは難しい楽器やリズムに挑戦した姿で会場を沸かせました。
旗を使い広い世界観を表現したり、自分達で振りや構成を作り上げたり、園児の姿に感動が溢れます。

ウキウキするような元気の出るダンスの後、

最後は恒例のいろは踊り
この神々しさに思わず手を合わせ涙する方も…
なかなか日頃の園児の様子をご覧頂けないおじいちゃんおばあちゃんも園児の成長を喜ばれていた様子でした。
これからもお元気で、園児を見守ってあげてくださいませ。 
編集[管理者用]
2017.09.12/ 10:55(Tue)

新学期になって入園したM君

まだまだ、朝はママと離れる時に泣いてしまいます。


M君のおうちに向かうバスの中での年中のT君とAちゃんとの会話をご紹介します。

T君「次はMくんが乗ってくるね~なんでいっつも泣きよるんかな?」

私「どうしてかな~」

Aちゃん「Aちゃんも最初毎日泣きよったよ」

私「そうだったね~、Aちゃん毎日毎日泣いてたね~」

T君「T君も泣きよったよ」

私「そうそう、T君も泣いてたね~、どうして二人は泣いてたの?」

Aちゃん「Aちゃんはママがいなくて寂しかったんよ」

T君「僕はね~ママと一緒に幼稚園行きたかったんよ」


2年前満3歳で入園したTくんとAちゃん

その当時は本当に毎日、毎朝泣いていました。

そのことを覚えていたことも驚きましたが、その頃の自分の気持ちを素直にきちんと説明できていることにびっくりしました。


私「そうだったんだね~、でも今は二人とも泣いてないね」

T君「だって幼稚園楽しいもん」

Aちゃん「Aちゃんも幼稚園大好き」

私「じゃあ、M君が幼稚園好きになれるように優しくしてあげてね」

T君&Aちゃん「うん!!」


そしてやっぱり泣きながら先生に抱っこされてバスに乗ってきたM君

するとT君とAちゃんが元気に「おはよう、M君」と声をかけてくれました。

その後も泣いているM君の背中をさすり続けてくれたAちゃん

荷物を代わりに持ってくれたT君

バスの乗車口が開いた時には落ちないように二人が両側からM君を抱きしめてくれていました。

他の子たちもバスを降りた後手を引いてくれたり、教室まで連れて行ってあげたり・・・。

最後にはみんなで幼稚園で習った歌の大合唱。

M君もいつの間にかニコニコ笑顔でバスを降りることができました。

誰でも、どの子にでもこういった優しさをみせる園児たち。

少人数の園ならではの異年齢での交流がしっかり出来ています。


小さな子をいたわる気持ち

泣いている子に共感する心

そして、思いやりの行動


いつの間にか優しいお兄ちゃんお姉ちゃんになったね。

きっと二人もお兄ちゃんお姉ちゃん達に優しくされてきたんだね。

M君もみんなからもらった優しい心を次の子たちへバトンパスしてくれるのかな。

成長した姿を見ながら感動で号泣してしまった素敵な朝の一場面でした。

 
編集[管理者用]
 
Copyright © 2017 にこにこ日記, all rights reserved.